HOME > 病院について > 地域のがん治療の拠点です > 地域との連携

病院について

地域のがん治療の拠点です

地域との連携

地域がん診療連携拠点病院に「地域」があることが示すように、単にがん治療の技術を向上させるだけではなく、地域の医療パワーを結集してがん治療を行っています。

がん地域連携パス

医療の専門化が進み、がんの検査、手術、経過観察を1つの医療機関だけで行うのは難しい状況です。
そこで、近畿中央病院で手術などを行い、退院後は患者さまのかかりつけ医と役割を分担し、患者さまの視点に立った質の高いがん治療を推進しています。
そのために整備しているのが「がん地域連携パス」です。
退院後にお渡しする連携ノートには、今後の治療計画が示されています。かかりつけ医が日々の診療を行い、近畿中央病院にて定期的に検査などを受けていただきます。

がん地域連携パスのメリットは、

  • がんの再発や合併症の早期発見
  • 複数の医師、MSW(メディカル・ソーシャルワーカー)、地域連携担当看護師、薬剤師といった専門スタッフによるチーム医療を受けることができる
  • 通院時間や交通費、待ち時間の軽減
  • 重複した検査や投薬がなくなる

といったものがあります。

医療関係者向けのさらに詳しい情報はこちら

公開講座や勉強会

①緩和ケア研修会 医療関係者を対象に、がん(癌)の痛みや精神的な苦痛を和らげる緩和ケアに関する研修会を毎年開催しています。
②早朝勉強会 当院の各診療科が持ち回りで行っている早朝勉強会を地域の開業医の皆さまにも公開して実施しています。
③近中セミナーや勉強会、カンファレンス(症例検討会)の公開 医療関係者を対象に、外部講師を招く近中セミナー、勉強会、カンファレンスに参加していただいております。
※カンファレンスへの参加は、当院の開放型病床登録医に限っております。

医療関係者向けのさらに詳しい情報はこちら

関連コンテンツ

  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • かかりつけ医をもちましょう