HOME > 病院について > 近中NOW! > 寝たきり予防健診を始めました!

病院について

寝たきり予防健診を始めました!

2017/08/09






ロコモティブシンドロームをご存知ですか?


超高齢化社会が進む中、いつまでも自分らしく生き生きと暮らしていきたいですよね。

ロコモティブシンドローム(以降は、「ロコモ」と略します)という言葉を聞いたことはありますか?
これは「運動器の障害のために移動機能が低下した状態」を言います。

ロコモは、「メタボ」や「認知症」と並び、「寝たきりや要介護状態」の3大要因のひとつとなっています。

適切な食事や適度な運動で筋力を維持していくことは将来的な生活習慣病予防、介護予防につながります。

しかし、やったほうがいいと分かっていても「何から始めたらよいか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのが「寝たきり予防健診」です。


下肢筋力を測定します


寝たきり予防健診は、下肢筋力を測定することで現在の「下肢の年齢」とロコモの程度(ロコモ度)が分かります。

測定された結果をもとに、筋力に合った運動プログラムを保健師と健康運動指導士が実技を交えて説明し体験できるプログラムとなっています。

寝たきり予防健診を受診いただき、ご自身の健康づくりに役立ててみられてはいかがでしょうか?


寝たきり予防健診は、人間ドック(宿泊コース)を受診していただいた際に追加できるオプション検査です。




人間ドックのご案内

病気の予防や健康状態の確認・健康の維持管理に活かすため、定期的に人間ドックを受診しましょう。




関連コンテンツ

  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • かかりつけ医をもちましょう