HOME > 診療科紹介 > 臨床検査科

医療関係の方へ

臨床検査科

 


 


臨床検査科の役割

臨床検査科は病気の診断・治療・経過観察の指針となる患者さまの情報を、正確かつ迅速に臨床の現場に提供することを業務としている部署です。

臨床検査科が受け持つ検査には大きく分けて、検体検査と生理検査があります。
検体検査は、血液輸血検査、生化学免疫検査、尿検査、微生物検査、病理検査に分かれ、これら6部門により臨床検査科を構成しています。




業務体制

日直・当直体制をとり、緊急性のある検査や輸血にも24時間体制で臨んでいます。


検体検査の基準範囲

検査の基準範囲は測定方法や測定機器、試薬によっても異なってきます。
同じ検査項目でも施設により多少異なることがあります。
また、検査結果に影響を及ぼす因子 (食事・運動・採血時間・年齢・個人差など) もあり基準範囲と比べるだけで病気か健康かを直ちに判断できるものではありません。

検査結果の判断については担当医にご相談ください。

検体検査基準範囲一覧表


専門性を活かしてチーム医療に参加

医療人としての資質の向上をめざし各種認定検査の取得にも力をいれています。
取得した資格を活用し、チーム医療に参加しています。

細胞検査士 3 名
超音波検査士 腹部 4 名、心臓 6 名、体表 3 名、血管 2 名、泌尿器 2 名
血管診療技師 2 名
生殖補助医療胚培養士 1 名
糖尿病療養指導士 2 名
認定検査技師 病理 1 名、一般 1名、管理 1 名
2級臨床検査士 微生物 2 名、血液 1 名




主な診療内容

 

検体検査



血液・輸血検査 赤血球数、白血球数、ヘモグロビン濃度など貧血や炎症の検査を行なっています。
また、安全な輸血を行うために血液型や輸血の適合性などを検査しています。
詳しくはコチラ
生化学・免疫血清 血液や尿などを用いて生化学成分 (糖、蛋白、各種酵素など)、甲状腺ホルモン、糖尿病検査 (血糖・HbA1c)、感染症 (肝炎の抗原や抗体など)、腫瘍関連物質の測定などを行っています。
詳しくはコチラ
一般検査 尿検査 (蛋白、糖、赤血球の有無など)、便潜血検査などを行っています。
詳しくはコチラ
微生物検査 感染症検査として原因となっている微生物の検出 (培養同定) と有効な抗菌薬の試験 (薬剤感受性試験) を行い、また、感染対策として疫学検査 (遺伝子検査を含む) を行っています。
詳しくはコチラ
病理検査 常勤の病理専門医による組織診断、細胞検査士有資格者による細胞診を行い、顕微鏡で細胞、組織の構造や形態の異常から癌の診断をします。
詳しくはコチラ



生理機能検査




超音波検査  腹部 心臓 頚動脈 上肢血管 下肢血管 甲状腺 乳腺
心電図検査
血圧脈波検査
呼吸機能検査
24時間 (ホルター) 心電図検査
24時間血圧検査
運動負荷心電図検査
脳波検査
誘発筋電図検査
簡易睡眠時無呼吸検査 など生体検査全般を行っています。


また、核医学検査 (心筋シンチグラフィー) 、心臓カテーテル検査、耳鼻科検査など幅広く従事しています。

超音波検査は、プローブをあてるだけで画像が得られるため、苦痛を伴いません。
また、医療レベルで使用する超音波の周波数は人体への影響が無いので、安心して検査を受けていただくことができます。

▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 吉田 恭太郎(よしだ きょうたろう)
役職 臨床検査科部長、臨床検査科長
専門分野 一般外科病理
学会専門医・
認定医
日本病理学会病理専門医、病理専門医研修指導医
死体解剖資格認定医
日本医師会認定産業医
大阪大学医学部付属病院 臨床研修指導医養成講習会修了

名前 (ふりがな) 佐々木 信治(ささき しんじ)
役職 臨床検査技師長

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは