HOME > 診療科紹介 > 麻酔科

医療関係の方へ

麻酔科






アピールポイント

 

手術後の痛みが和らぐように

手術後の痛みが少しでも和らぐように、肺、腹部や股関節の手術では、硬膜外麻酔といって、脊髄近くにカテーテルを挿入して行う鎮痛方法を採用しています。また、患者さま自身が痛みをコントロールできるPCA (Patient Control Analgesia) という方法も取り入れています。

抗凝固療法や、他の理由で硬膜外鎮痛法を行えない患者さまには、持続静脈内投与鎮痛法を採用しています。

中央手術室



ラリンジアルマスク(LMA)を用いた気道確保

全身麻酔にかかると、気道の確保が必要になります。
この気道確保の方法には気管挿管とLMAを用いた方法とがあります。
LMAの方が、手術後、のどの痛みが少ないといわれており、当院では全身麻酔症例数の約4割にこの方法を用いています。


人工呼吸器ラウンド

安全に人工呼吸器が使用できているか、またそのケアが十分行われているかについて、看護師、臨床工学技士、理学療法士と歯科衛生士でチームを作り、週に1度、回診を行っています。

チーム医療
ME (Medical Engineer) 室






主な診療内容


小児麻酔

生後数ヶ月の口唇形成術をはじめ、扁桃摘出術やアデノイド切除術などの耳鼻科領域の手術、鼠径 (ソケイ) ヘルニア根治術などの外科領域の手術などを対象に麻酔をおこなっています。

また、両親のどちらかと一緒に手術室へ入室し、麻酔の導入が終わるまで一緒にいることで、お子様の精神面への配慮も行っています。



胸部手術、腹部手術の麻酔

食道がん (癌) 根治術、肺切除術などの胸部手術には分離肺換気を用いた麻酔を行っています。
また全身麻酔の質的向上及び術後の鎮痛を目的に、硬膜外麻酔を併用しています。


高齢者の麻酔

優れた麻酔薬や麻酔方法の開発、麻酔に関連する機器や道具の進歩により80才を越える高齢者の麻酔が可能な時代となりました。

全身麻酔に硬膜外麻酔や大腿神経ブロック等を組み合わせることにより、症例ごとに最も低侵襲かつ十分な麻酔を提供できるよう工夫しています。




たばこを吸っている方は、手術が決まったら、すぐに禁煙しましょう。

たばこを吸っている人は手術後に肺炎などの呼吸器系の病気を起こしやすく、また傷の痛みも強く、傷の治りも悪く、感染を引き起こしやすいといわれています。
それらを予防するためにも少しでも長い禁煙期間が必要です。





診療実績 / 統計


全身麻酔症例数

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
麻酔科管理症例数 1,516 件 1,456 件 1,711 件 1,860 件 1,708 件 1,775 件
全身麻酔症例数 1,438 件 1,381 件 1,623 件 1,772 件 1,647 件 1,727 件
全身麻酔+硬膜外麻酔の
症例数と比率
468 件
(33%)
394 件
(29%)
533 件
(33%)
437 件
(25%)
479 件
(29%)
541 件
(31%)
脊髄くも膜下麻酔の症例数 78 件 87 件 87 件 83 件 61 件 47 件



▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 木村 健一(きむら けんいち)
役職 第一麻酔科部長 / ME機器管理室長
専門分野 麻酔科一般
学会専門医・
認定医
日本麻酔科学会指導医・専門医
日本医師会指導医のためのワークショップ修了

名前 (ふりがな) 河上 寿和子(かわかみ すわこ)
役職 第二麻酔科部長
専門分野 麻酔科一般
学会専門医・
認定医
日本麻酔科学会指導医・専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

名前 (ふりがな) 吉岡 直紀(よしおか なおき)
役職 医長
専門分野 麻酔科一般
学会専門医・
認定医
日本麻酔科学会認定医・専門医

名前 (ふりがな) その他(そのた)
役職 その他、非常勤医師3名、臨床工学技師6名

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは