HOME > 診療科紹介 > 眼科

医療関係の方へ

眼科

 





アピールポイント

 

阪神間でトップクラスの手術実績

平成16年度以降、年間手術件数は常に1,000件を超えています。
今後も、兵庫県東部地区の眼科中核病院としての責務を果たしてまいります。


最新の手術機器を導入しています

手術用顕微鏡、硝子体手術装置を更新し、最新の設備で手術を行っています。


白内障、網膜硝子体疾患を中心に、幅広い疾患に対応します

手術件数の大半を占める白内障手術、網膜硝子体疾患の精査および手術を中心に、地域の眼科2次医療機関として、幅広い疾患に対応します。


外来担当医表/休診表

 

主な診療内容

 

白内障

治療内容

手術はほぼ全例局所麻酔で小切開創からの低侵襲超音波水晶体乳化吸引術、眼内レンズ挿入術を施行しています。
また、チン小帯脆弱症例、緑内障合併症例、過熟白内障や若年性白内障など、難症例の手術も積極的に行っています。



網膜硝子体疾患

治療内容

平成24年に眼底断層撮影装置OCTを最新のものに更新し、黄斑部の形態をより正確に把握し、患者さんに説明できるようになりました。
硝子体手術は最新の手術機器の導入により、25ゲージの経結膜小切開による低侵襲手術を行っております。

硝子体手術
黄斑部疾患、糖尿病網膜症や裂孔原性網膜剥離などに対して、アルコン社製コンステレーションの25ゲージシステム、ツァイス社製広角眼底観察システムリサイトを用い、経結膜小切開で手術を行っています。
糖尿病網膜症に対しては必要に応じてアバスチン硝子体注射を併用し、網膜虚血の程度にも注意して治療をすすめます。
裂孔原性網膜剥離は病状により網膜復位術または硝子体手術で対応しています。

網膜光凝固術
網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などに対し、レーザー光線で網膜を凝固する治療です。

抗VEGF薬の硝子体内注射
加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの患者さんに対して行っています。



緑内障

治療内容

眼圧が高くなることによって眼の神経が障害されて見えにくくなる病気ですが、その経過や病態はさまざまです。
眼底断層撮影装置OCTの更新により神経線維障害をより正確に客観的にとらえることができるようになりました。
ハンフリー自動視野計のファイリングシステムにより、視野の進行を的確に判断できます。
Goldmann視野検査は視能訓練士が患者さまの状態に配慮しながら実施しています。
眼圧測定や隅角検査等の基本的な検査に加え、これらの精密検査によって症例ごとに治療方針を的確に判断するよう心がけています。
薬物治療やレーザー治療で十分な眼圧下降が得られない症例、進行を抑制できない症例には、流出路再建術、漉過手術、緑内障インプラント手術、隅角解離術等の手術治療を行っています。
急性閉塞隅角緑内障・急性閉塞隅角症に対しては、レーザー治療や手術治療を含めて迅速に対応しています。


 

ぶどう膜炎

治療内容

ぶどう膜炎とは、眼の中に炎症を起こす病気の総称で、霧視、飛蚊症、羞明などの症状がみられます。
原因はさまざまで、免疫異常、感染、腫瘍などがありますが、原因が特定できない場合も多数あります。
蛍光眼底検査や全身検査で原因を調べるとともに、眼局所および全身治療を行っております。
サルコイドーシス、ベーチェット病、リウマチ等の全身疾患のある場合、当院の免疫内科と連携して治療を行ってまいります。
黄斑上膜を合併する場合には硝子体手術を選択することもあります。



外眼部疾患

治療内容

医学的に保険治療の適応となる眼瞼下垂、眼瞼皮層弛緩症に対して手術を行っています。
病態に応じて眼瞼挙筋短縮術、ミュラー筋タッキング、眼瞼皮膚弛緩切除術、埋没法、Hotz法を併用し機能的改善を図ります。
眼瞼内反症は、そりかえったまつげにより眼球が傷をうけている場合に手術適応になります。
外来手術が原則ですが、全身状態によっては1泊入院も可能です。術後に自然な印象となる手術を心がけています。
眼検挙筋機能が弱く前頭筋吊り上げ術が必要な場合や、整容的に問題となる症例については形成外科医師と連携を図り治療にあたります。



外来担当医表/休診表

 

診療実績 / 統計


手術件数

手術 2013年度 2014年度 2015年度
白内障手術 1,483 件 1,262 件 1,238 件
硝子体手術 113 件 172 件 188 件
網膜復位手術 1 件 6 件 2 件
緑内障手術 31 件 27 件 19 件
眼瞼手術 45 件 44 件 58 件
その他 27 件 35 件 22 件
合計 1,623 件 1,415 件 1,389 件




▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 建林 美佐子(たてばやし みさこ)
役職 部長
専門分野 網膜硝子体疾患・白内障手術
学会専門医・
認定医
日本眼科学会専門医
PDT認定医
臨床研修指導医養成講習会修了
大阪大学医学部臨床准教授

名前 (ふりがな) 橋本 夏子(はしもと なつこ)
役職 医長
専門分野 白内障手術・眼科手術一般・ぶどう膜炎
学会専門医・
認定医
日本眼科学会専門医
A型ボツリヌス療法講習機構 A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス講習・実技セミナー修了

名前 (ふりがな) 冨田 有輝(とみた ゆうき)
役職 医長
専門分野 網膜硝子体疾患
白内障手術
学会専門医・
認定医
日本眼科学会専門医

名前 (ふりがな) 藤原 舞子(ふじわら まいこ)
役職 医長
専門分野 白内障手術・眼瞼手術・眼科手術一般
学会専門医・
認定医
日本眼科学会専門医
A型ボツリヌス療法講習機構 A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス講習・実技セミナー修了

名前 (ふりがな) 小笠原 千尋(おがさわら ちひろ)
役職 医員
専門分野 眼科一般

名前 (ふりがな) 外山 裕志(とやま ひろし)
役職 医員
専門分野 眼科一般

名前 (ふりがな) 佐々木 智子(ささき ともこ)
役職 主任視能訓練士

名前 (ふりがな) 林 智香(はやし ちか)
役職 主任視能訓練士

名前 (ふりがな) 細見 江麻(ほそみ えま)
役職 視能訓練士

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは