HOME > 診療科紹介 > 消化器内科

医療関係の方へ

消化器内科









アピールポイント

 

専門学会の認定施設です

当科は日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設で消化管、肝胆膵疾患を中心に診療を行っています。


ウィルス肝炎の診断と最新治療

B型肝炎とC型肝炎については大阪大学を中心とした多施設共同研究に参加して最新の診断と治療を行っています。
新薬の治験などにも参加しています。

C型肝炎に関しては院内にある遺伝子診療センターと協力して肝臓学会でも注目されているが保険適応のない遺伝子SNPsの検査を行い治療方針決定に役立てています。

また、近隣の基幹病院や医師会と共同して市民公開講座を年間2-3回行っています。
肝臓病教室も始めました。

治験験のご案内
遺伝子診療センター



肝硬変やその他の肝疾患の診断治療

肝硬変については超音波検査や肝生検での診断を行っています。
また、BCAA投与などの最新の治療について、大阪大学や開業医の先生と共同で臨床研究も行っています。

原発性胆汁性肝硬変などの自己免疫性肝炎や脂肪肝 (NASHなど) 、薬剤性肝炎などの診断治療を行っています。

大阪大学の肝移植検討委員会に参加しています。


肝細胞がんの診断治療

地域がん診療連携拠点病院として肝細胞がんの治療に力を入れています。
診断に関しては外来での採血や腹部超音波、ソナゾイド造影腹部超音波、腹部造影CT、EOB造影腹部MRIなどの検査で最新のデータに元づいて行っています。
治療に関しては、消化器内科ではラジオ波治療 (RFA (保険適応になる以前から当院院内で治療経験あり) ) やエタノール注入治療 (PEIT) を行い、腫瘍血管経カテーテル治療 (動脈塞栓術や動注化学療法) は放射線科、外科手術については外科に協力をお願いし、各々の患者さまに最適な治療を行うよう取り組んでいます。

地域がん診療連携拠点病院
外科
放射線治療科


胆膵疾患について

胆石症、急性胆のう炎、胆のう胆道がん、急性膵炎、膵がんについてもERCP、EST、PTCDなどを含めて診断治療を行っています。


上部消化管疾患について

年間6,000-7,000件の上部消化管内視鏡検査などを行い、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、胃がん、ピロリ菌感染症などの診断治療を数多く行っています。
緊急内視鏡も多数行っています。
NBIや拡大内視鏡、経鼻内視鏡など最新の機器を導入し、質の高い診断、苦痛の少ない検査を行えるよう努めています。

内視鏡治療は、内視鏡的粘膜切除術を始め、内視鏡的止血、食道静脈瘤結紮術、消化管ステント留置術、総胆管結石治療など積極的に行っています。

また、逆流性食道炎や潰瘍の新薬の治験も行っています。

内視鏡センター


下部消化管疾患について

下部消化管検査は年間2,000-3,000件の検査を施行しています。

大腸がんの診断や大腸ポリープのEMR治療、炎症性腸疾患の診断治療を多数行っています。
小腸についてはカプセル内視鏡で診断を行っています。
炎症性腸疾患については、血球除去療法や抗TNF-α抗体療法など最新の治療を行い、新薬の治験も行っています。
潰瘍性大腸炎やクローン病に関しては血球除去療法や抗TNF-α抗体などを行い治療成績の向上に取り組んでいます。

また、炎症性腸疾患患者友の会「つばさの会」を主催して、患者さまとともに勉強をしています。

患者さまの集い



外来担当医表/休診表

主な診療内容

 

B型肝炎

説明 B型肝炎ウィルスの感染症
症状 病期によってさまざまな症状を呈しますが、初期は無症状である場合が多い。
炎症が強ければ、全身倦怠感や食欲不振、黄疸の出ることもある。
治療内容 核酸アナログによる抗ウィルス治療、インターフェロン治療、肝庇護療法など


C型肝炎

説明 C型肝炎ウィルスの感染症
症状 病期によってさまざまな症状を呈すが、初期は無症状である場合が多い。
炎症が強ければ、全身倦怠感や食欲不振、黄疸の出ることもある。
治療内容 ペグインターフェロン、リバビリン、タンパク分解酵素阻害薬など


自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など

説明 自己免疫性の肝疾患
症状 病期によってさまざまな症状を呈すが、初期は無症状である場合が多い。
炎症が強ければ、全身倦怠感や食欲不振、黄疸の出ることもある。
治療内容 ステロイドホルモンや免疫抑制剤

臨床研究


胆のう炎、胆石症

説明 胆のう、総胆管、胆のう肝などで石や泥状物などが原因で炎症がおこる。
症状 腹痛、発熱など。
治療内容 絶食、安静や抗生物質の投与。
内視鏡治療や経皮的穿刺排液など


逆流性食道炎、GERD

説明 胃酸を含む胃内容物が食道へ逆流することで起こる病態。
症状 胸やけ、胸痛、呑酸を始めさまざまな症状。
治療内容 胃酸分泌の抑制、胃の蠕動調節、生活食事指導


胃十二指腸潰瘍、とピロリ菌感染症

説明 ストレスや薬剤性も潰瘍が出来るが、ピロリ菌が上部消化管に感染してもおこる消化性潰瘍。
症状 場合によっては腹痛を伴い、出血することもある。
治療内容 胃酸分泌抑制やピロリ菌除菌治療。


炎症性腸疾患 (潰瘍性大腸炎とクローン病)

説明 原因不明の大腸をはじめとする消化管の炎症を起こす病気。
症状 下痢、粘血便、発熱、腹痛など
治療内容 5ASA、ステロイドホルモンや免疫抑制剤。最近では生物学的製剤(モノクローナル抗体など)を使用する。


大腸腫瘍

説明 大腸にできる良性腫瘍や初期の悪性腫瘍
症状 便潜血反応陽性下血など
治療内容 下部消化管内視鏡的治療。
内視鏡下で切除する。



外来担当医表/休診表

がん診療実績 / 統計


主な癌の入院患者数

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
肝癌 68 68 67 59 52
胆嚢癌 1 7 4 1 3
胆管癌 11 10 14 6 6
膵臓癌 21 29 25 28 24
胃癌 27 21 42 49 44
大腸癌 53 49 47 58 55


外来担当医表/休診表

内視鏡 実績 / 統計


内視鏡 症例数

内視鏡種別 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
上部内視鏡 (検査処置合計) 7,221 6,722 6,502 6,756
下部内視鏡 (検査処置合計) 2,008 1,824 2,440 2,304


肝胆膵関連検査 / 内視鏡関連手術

内視鏡種別 2016年度
肝胆膵関連検査 / 手術 PEIT 9
RFA 17
TACE 34
ERCP関連 122
内視鏡関連手術
( 上部 ・ 下部 )
ESD / EMR (上部) 41
EMR (下部) 332
内視鏡的ステント留置 69
PEG造設 33
緊急内視鏡検査
( 緊急止血術 )
344
( 87 )

内視鏡センター


▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 山本 光成(やまもと みつなり)
役職 医長
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本消化器病学会認定指導医
日本肝臓学会認定専門医
日本静脈経腸栄養学会・近畿地区TNT研修会 Total Nutritional Therapy (臨床栄養療法)修了
ICD(Infection Control Doctor:感染対策医)
抗菌化学療法認定医
日本内科学会認定医制度研修医指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
大阪大学医学部付属病院臨床研修指導医養成講習会修了

名前 (ふりがな) 石津 由里子(いしづ ゆりこ)
役職 医長
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(兵庫県・阪神北圏域)修了

名前 (ふりがな) 平川 秀之(ひらかわ ひでゆき)
役職 医長
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(兵庫県・阪神北圏域)修了
日本消化器病学会認定専門医

名前 (ふりがな) 伊原 啓雄(いはら ひろお)
役職 医長
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本医師会認定産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(兵庫県・阪神北圏域)修了
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

名前 (ふりがな) 庄村 太郎(しょうむら たろう)
役職 医員
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(兵庫県・阪神北圏域)修了

名前 (ふりがな) 菊地 三弥(きくち みつや)
役職 医員
専門分野 消化器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医

名前 (ふりがな) その他(そのた)
役職 その他、非常勤医師数名

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは