HOME > 診療科紹介 > ME 機器中央管理室

医療関係の方へ

ME 機器中央管理室

 


 


当院ME (Medical Engineer) 機器中央管理室は麻酔科部長の管理のもと、人工呼吸器をふくむ数種の生命維持管理装置の操作や検査・治療の補助を行う臨床業務、各種医療機器の保守管理を行う管理業務を中心に活動しています。

麻酔科


アピールポイント

 

治療 ・ 検査業務

心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー埋め込み治療、食道・胃内視鏡下粘膜切除術、透析治療およびその他の血液浄化治療へ参加し、補助業務を行っています。


医療用ポンプ類の中央管理

シリンジポンプ、輸液ポンプ合わせて約100台を保有しており必要部署への貸出、使用後の機器の回収とともに定期点検、不具合発生時の故障時点検などの保守管理を行っています。


人工呼吸器の中央管理

①ネット840 (1台) 、②ニューポートe360 (4台) 、③BiPAPビジョン (2台) 、④ベネット7200 (1台) 、⑤ベネット740 (1台) 現在合計9台の呼吸器を保有し、呼吸器が安全に使用されるよう保守管理を行っています。


モニタリング機器の保守管理

病棟のセントラルモニター、ベッドサイドモニター、テレメーターをはじめ、外来で使用されるモニター類の保守管理を行っています。


その他医療機器の保守管理

除細動器、AED (11台) 、低圧持続吸引器 (10台) 、VTE予防ポンプ (15台) 、超音波ネブライザー (13台) 、体圧分散エアーマット (10台) 、IABP (1台) 、その他数種類の機器の保守管理を行っています。


安全な機器の管理

高度な麻酔技術が必要な手術が増加するにつれ、機器の管理業務が拡大しました。

そこで臨床工学技師が3名配属され、手術の直接介助および補助、麻酔器をはじめ手術室内機器の保守管理を行うようになり、合計7名で活動しています。

中央手術室


その他の業務

人工呼吸器ラウンドチームの一員として、巡回点検への参加
医療機器納入、新人看護職員、Dr向けの勉強会の実施
医療機器購入選定委員として委員会への参加

チーム医療



▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 新屋 和彦(しんや かずひこ)
役職 主任臨床工学技士

名前 (ふりがな) 谷村 泉(たにむら いずみ)
役職 主任臨床工学技士

名前 (ふりがな) 峰松 晃子(みねまつ あきこ)
役職 主任臨床工学技士

名前 (ふりがな) 上野 浩之(うえの ひろゆき)
役職 主任臨床工学技士

名前 (ふりがな) 中本 裕介(なかもと ゆうすけ)
役職 臨床工学技士

名前 (ふりがな) 丸尾 智弥(まるお ともや)
役職 臨床工学技士

名前 (ふりがな) 吉村 直史(よしむら なおふみ)
役職 臨床工学技士

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは