HOME > 診療科紹介 > 免疫内科

医療関係の方へ

免疫内科

 

 


アピールポイント


専門学会の認定を受けています

日本リウマチ学会認定施設・日本アレルギー学会認定施設として、免疫疾患を中心に、アレルギー疾患も診察・診療を行っています。

対象疾患は複雑で難治性ですが、生物製剤等の登場、遺伝子解析の進歩、免疫調節剤など脚光を浴びだした分野です。


生物製剤の適切な使用

関節リウマチに対し、投与方法・投与間隔・副作用の管理を適切に行っています。

患者さま一人ひとりに最適な治療を追及しています。


DMARDS等の血中濃度測定 、 遺伝子多型に応じた個別治療

免疫抑制剤DMARDS等の血中濃度測定および遺伝子多型に応じた個別治療の試み。

外来担当医表/休診表



主な診療内容


自己免疫疾患 、 アレルギー疾患 など 多種多様な疾患 ・ 症状

説明 関節リウマチ、膠原病および類縁疾患、種々の自己免疫疾患
症状では不明熱、リンパ節腫大、多発関節炎、皮膚症状、筋力低下
アレルギー疾患
治療内容 生物製剤による治療、免疫抑制剤DMARDS等の血中濃度測定および遺伝子多型に応じた個別治療の試み、喘息の吸入療法など。


その他、免疫異常のある疾患

治療内容 免疫異常のある疾患では、単一の臓器障害に留まらず全身性に様々な障害が起こるため、各科の協力のおかげで総合的な内科診療をめざしています。



外来担当医表/休診表


診療実績 / 統計


入院患者の主な疾患の割合

入院患者の主な疾患の内訳 割合
免疫疾患
(不明熱、リンパ節腫脹、関節炎、膠原病、
浮腫、ANA、レイノー現象、好酸球増多など)
60 %
アレルギー
(アナフィラキシー、喘息、花粉症、薬剤など)
5 %
感染症
(髄膜炎、肺炎、ヘルペスなど)
30 %
その他
(重複あり)
40 %

 





▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 出口 均(でぐち ひとし)
役職 部長
専門分野 免疫感染アレルギー内科一般
学会専門医・
認定医
日本アレルギー学会指導医・専門医
日本リウマチ学会指導医・専門医
日本内科学会総合内科専門医

名前 (ふりがな) 濱野 芳匡(はまの よしまさ)
役職 医長
専門分野 免疫内科
学会専門医・
認定医
日本リウマチ学会専門医
日本内科学会認定内科医
日生病院二次救命処置コース受講

名前 (ふりがな) 森島 淳仁(もりしま あつよし)
役職 医長
専門分野 免疫内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医

名前 (ふりがな) 中坪 大亮(なかつぼ だいすけ)
役職 医員
専門分野 免疫内科

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは