HOME > 診療科紹介 > 脳神経外科

医療関係の方へ

脳神経外科








アピールポイント


当科は、2013年4月より開設しました。
脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍なと脳神経外科全般に対して24時間入院、治療が可能な体制としています。
神経内科と協力してホットライン(ブレインコール)を開始し、緊急を要する場合、救急隊、医院、クリニックから直接電話で対応しています。

2014年4月に、新しい血管撮影装置が導入され、脳血管撮影検査、血管内治療件数の増加を見込んでいます。
脳卒中連携パスを導入し、病病連携、病診連携も進めていきたいと考えています。


日本脳神経外科学会の研修指定病院です

学会より認定された脳神経外科専門医資格取得のための訓練施設です。


救急疾患にも対応します

一般の外来診療とともに、脳卒中、頭部外傷などの脳神経外科救急疾患の診療も行います。


最新の手術機器を導入しています

手術用顕微鏡、手術用ナビゲーター、神経内視鏡など、脳神経外科手術に必要な最新の手術機器をそろえました。




主な診療内容

 

脳血管障害

脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤(くも膜下出血)などの脳血管障害


良性脳腫瘍

髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫などの良性脳腫瘍、また小児の脳腫瘍の診療もします。


悪性脳腫瘍

神経膠腫、膠芽腫、脳原発悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍手術のみではなく、術後放射線治療、化学療法を含む集学的治療を行います。


脊椎・脊髄腫瘍



機能性疾患

半側顔面けいれん、三叉神経痛

頭部外傷

慢性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷


てんかん



間脳下垂体機能障害

平成21年10月国指定難病医療費等助成対象疾病のうちの間脳下垂体機能障害 (プロラクチン分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症、下垂体機能低下症) の治療、経過追跡を行います。

下垂体機能低下症のうち、成人成長ホルモン分泌不全症の治療も行っています。


脳ドック

当院では以前より脳ドックを行い、脳神経疾患の早期発見に取り組んでいます。

申し込み方法については、ホームページ内の人間ドックの項に記載しおります。

病気の早期発見のために、症状がない方にも脳ドックの受診をお勧めしています。

人間ドックのご案内




診療実績/統計

 

手術件数

  2013
年度
2014
年度
2015
年度
2016
年度
脳腫瘍 摘出術 18 14 15 18
生検術(開頭術) 2 0 0 0
生検術(定位手術) 0 1 1 0
経蝶形骨洞手術 5 7 3 5
その他 0 2 1 0
脳血管障害 破裂脳動脈瘤 5 4 2 1
未破裂脳動脈瘤 1 2 1 0
高血圧性脳内出血(開頭血腫除去) 5 7 4 1
高血圧性脳内出血(定位手術) 1 1 0 0
外傷 急性硬膜外血腫 1 0 3 0
急性硬膜下血腫 2 1 3 1
減圧開頭術 2 0 1 0
慢性硬膜下血腫 19 26 20 18
水頭症 脳室シャント術 3 4 6 4
その他(脳室ドレナージ術) 4 5 4 9
機能的手術 脳神経減圧術 0 1 0 0
血管内手術 破裂脳動脈瘤 2 4 3 5
未破裂脳動脈瘤 3 2 4 4
動静脈奇形(脊髄) 0 1 0 0
閉塞性脳血管障害の総数 0 7 7 6
上記のうちステント使用 0 6 7 5
外内減圧術 6 2 0 0
その他 6 15 4 0
合計 85 98 83 74




▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 有田 憲生(ありた のりお)
役職 病院長
専門分野 脳神経外科全般
学会専門医・
認定医
日本脳神経外科学会認定専門医
診療情報管理士

名前 (ふりがな) 上田 順二(うえだ じゅんじ)
役職 部長
専門分野 脳神経外科全般
学会専門医・
認定医
日本脳神経外科学会認定専門医
兵庫医科大学非常勤講師

名前 (ふりがな) 千田 大樹(ちだ だいき)
役職 医員
専門分野 脳神経外科一般
学会専門医・
認定医
済生会熊本病院緩和ケア研修修了

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは