HOME > 診療科紹介 > 内分泌内科

医療関係の方へ

内分泌内科




アピールポイント

当科では内分泌代謝疾患を対象に診療を行っております。
主な対象疾患は甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患、性腺疾患、カルシウム代謝疾患などの内分泌疾患および糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝疾患です。
当科は糖尿病学会認定教育施設・内分泌学会専門医研修認定施設の認定も受け、内分泌・代謝領域に関して研修医の指導・教育を行っております。



糖尿病に対するチーム医療

糖尿病の患者教育はコメディカルスタッフを含めたチーム医療が必要であり、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士、理学療法士を含めた糖尿病チームを編成し、糖尿病教室の運営や指導教材作成など積極的に取り組んでおります。糖尿病療養指導士の育成にも尽力しております。

眼科、腎臓内科、神経内科等との連携により、多様な糖尿病合併症の診断、治療に対応しております。

糖尿病療養指導士の育成にも尽力しており、現在7名まで増員いたしました。
また、当院職員のレベルアップを目標として、糖尿病チームの手づくりによる「糖尿病新聞」を発行しております。
チーム医療


内分泌疾患 (ホルモンの関係する病気)、透析予防外来

甲状腺、副腎、下垂体などの内分泌疾患の鑑別診断、治療に広く対応しています。 (女性ホルモン関係は婦人科になります。)
外来で甲状腺エコーを担当しており、甲状腺疾患の鑑別診断や経過フォローなどを行っております。

耳鼻咽喉科、泌尿器科等との連携によりホルモン分泌腫瘍の外科的治療にも対応しております。

外来通院疾患は、脂質異常症、高尿酸血症、SIADHなど多岐にわたっております。

糖尿病合併症対策の一つの取り組みとして、「透析予防外来」を開設し、継続しております。

耳鼻咽喉科
泌尿器科
腎臓内科


糖尿病学会認定教育施設 / 内分泌学会専門医研修認定施設

当科は、専門医の存在や糖尿病教育環境が整っている等により、糖尿病学会認定教育施設・内分泌学会専門医研修認定施設の認定を受けております。
これをうけて、糖尿病・内分泌領域に関する専門的治療を行うとともに、同領域の専門医の育成も行っております。



外来担当医表/休診表

主な診療内容

当科の入院疾患の大半は糖尿病治療が占めております。糖尿病に関する教育、かつ積極的にインスリン治療を行っております。また、内分泌疾患の入院疾患としては、副腎腫瘍、甲状腺中毒症、甲状腺機能低下症、低ナトリウム血症などが挙げられます。
外来通院疾患は、上記疾患に加えて、脂質異常症、高尿酸血症、下垂体腫瘍、下垂体機能低下症、SIADHなど多岐にわたっております。また、外来で甲状腺エコーを担当しており、甲状腺疾患の鑑別診断や経過フォローなどを行っております。


糖尿病

症状 口渇感、夜間多尿、体重減少、易疲労感など
治療内容 糖尿病の治療は多くの職種が協力するチーム医療が必要です。
看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、理学療法士を含めた糖尿病チームを編成し、糖尿病教室の運営や指導教材作成など積極的に取り組んでおります。



食事療法、運動療法に加え、内服療法、インスリン療法を総括的な治療を行っています。
入院患者に対しては、糖尿病に関する教育を行い、かつ積極的にインスリン治療を行っております。
CGM検査やインスリンポンプの導入も行っております。

診断基準の変更もあって、妊娠糖尿病が増加傾向にありますが、当科では5日程度の入院で妊娠糖尿病教育を行っています。

糖尿病性合併症に対する検査や治療を総合的に行っています。

平成12年に発足した糖尿病患者会「近桃会」は、ハイキングや勉強会、栄養教室などの多彩な活動を通して、患者さま同士および職員との交流を図っております。

患者さまの集い
栄養管理室


甲状腺疾患

症状 頚部の腫れ、体重減少、易疲労感、動悸、振戦(手のふるえ)など
治療内容 バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎などの甲状腺疾患の鑑別診断、治療を行っています。

必要に応じて甲状腺エコー検査、吸引細胞診を行っております。


下垂体、副腎疾患等の内分泌疾患

症状 血圧上昇、うつ気分、体重変化、易疲労感など
治療内容 先端肥大症、クッシング病、褐色細胞腫、下垂体機能低下症、尿崩症に対するホルモン検査、画像検査および治療を行っています。

副腎偶発腫や各種ホルモン産生腫瘍などの副腎腫瘍の検査および治療を行っています。


電解質異常 (高カリウム血症は除く)

症状 多尿、食欲不振、脱力感、意識低下 (ボーとする) など
治療内容 カルシウムやカリウム、ナトリウムなどの電解質異常の鑑別診断およびその治療を行っています。

尚、高カリウム血症は当科では対応できません。



外来担当医表/休診表

診療実績 / 統計


入院患者の疾患の内訳

疾 患 2015年度 平成27年度
糖尿病
代謝疾患
174 例 うち 2型糖尿病 142 例 165 例 うち 2型糖尿病 125 例
1型糖尿病 18 例 1型糖尿病 25 例
妊娠糖尿病 5 例 妊娠糖尿病 5 例
その他 9 例 その他 10 例
内分泌疾患 27 例 副腎疾患 8 例 21 例 副腎疾患 11 例
下垂体疾患 2 例 下垂体疾患 5 例
その他 17 例 その他 5 例
その他

40 例

41 例
合計 241 例 227 例




▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 斎藤 博(さいとう ひろし)
役職 部長 / 栄養管理室長 / 健康管理センター長
専門分野 内分泌代謝糖尿病
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医認定医・内分泌代謝科指導認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本内分泌学会評議員
日本医師会認定産業医
日本静脈経腸栄養学会・近畿地区TNT研修会 Total Nutritional Therapy (臨床栄養療法)修了
臨床研修指導医養成講習修了
大阪大学医学部臨床教授
日本人間ドック学会認定医

名前 (ふりがな) 下村 彰宏(しもむら あきひろ)
役職 医長
専門分野 内分泌代謝糖尿病
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定内科医

名前 (ふりがな) 北 久晃(きた ひさあき)
役職 医長
専門分野 内分泌内科
循環器内科
学会専門医・
認定医
日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
第1回緩和ケア研修会(関西電力ん病院主催)修了

名前 (ふりがな) 曾我 純子(そが すみこ)
役職 医員(非常勤)
専門分野 内分泌内科

名前 (ふりがな) 高岡 佑三子(たかおか ゆみこ)
役職 医員
専門分野 内分泌内科

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは