看護部ブログ「きらり感心(カンゴコロ)」

HOME > 2011年10月のブログ一覧

看護部ブログ一覧

2011年度のブログ

今年の漢字 「絆」

病院では、患者・医師・看護師・薬剤師・検査技師・事務…。
数えきれないさまざまの方との絆が結ばれています。

三重県にある夫婦岩をご存知でしょうか?
二つの岩が、海の中で波しぶきを受けながら一本の太い綱でつながれています。

切れることなく、いつまでも…。
今年も残り少なくなってきました、今一度 まわりの人との絆を確かめてみませんか。


看護師長T

2011年12月28日

キャンドルサービス

緩和ケアの病床をもつ病棟では、昨年よりクリスマス会 (キャンドルサービス) を行なっています。


キャンドルサービスというと静かで厳かなイメージがありますが、私たちは少し和やかで楽しい雰囲気です。
医師とスタッフがサンタクロース、トナカイ、リースなどに扮し、明かりを消して病棟内をキャンドルライトと共に、クリスマスソングを歌いながら練り歩くのです。
そして、患者さまお一人ずつに、サンタクロースが、私たちからのメッセージが書かれたクリスマスカードを手渡しました。

普段はベッド上で過ごされていることの多い患者さまも、近づいてくるクリスマスソングを耳にしながら、車椅子に乗車して待っておられる姿もありました。


喜んでいただいた患者さまの姿は、スタッフみんなの喜びにもつながりました。

ささやかですが、とてもよいひと時でした。

― メリー クリスマス ―

 

普段は威厳漂う医師が、サンタさんに。

 

電気仕掛けですが、十分にキレイですね。

 

 

この日のために、意匠をこらした扮装です。

 

最後に、患者さまを交えて記念撮影。

 


緩和ケア認定看護師K

2011年12月26日

もうすぐクリスマス

病院玄関前のすてきなコーナーです。

看護師長、事務職員、ボランティアの皆さんが、寒い中、クリスマス仕様にディスプレイしてくれました。ありがとうございます。


みなさんの周囲でもツリーや雪だるまが飾られていますね。
見ているだけで心がウキウキします。
そんな季節感を、病院でも感じていただけるよう、病棟・外来でもすてきなディスプレイをしています。

みなさんでご観覧を☆☆☆

 


副看護部長K

2011年12月19日

医療安全週間によせて

当病棟は内科系の混合病棟です。内科病棟の患者さまはお薬の量が多く、管理が大変です。

そこで、11月21日から始まった医療安全週間では、食前薬の飲み忘れに着目した取り組みを行いました。

それが写真のメッセージカードです!!

配膳時に声をかけただけでは、食事前にはうっかり忘れる事があるので、食事のトレイにメッセージカードを置く事にしました。
これからも、患者さまに治療に参加していただくために、私達は患者さまに寄り添い支えることが出来るように、と考えています。


看護師長O

2011年12月13日

クリスマスの飾りつけ

12月にはいりました。

これから寒い季節になってきます。


病棟では、少しでも季節感を出せるように工夫しています。

そこでクリスマスの飾りつけにしてみました。
病院内で1番でした!!


キルトの作品はわが母親の手作りです。
このようにお披露目が出来ているのでとても喜んでいます。


12月21日には、キャンドルサービスを行います。

灯りのようにあたたかい看護を提供できるように、日々頑張っています。


看護師長T

2011年12月05日

忘れられない瞬間、言葉

短い時間ですが手術を受ける患者さまの不安を少しでも軽減できるよう、手術室スタッフによる術前・術後の病室訪問を行っています。


以前、担当した患者さまの手術当日、麻酔導入のとき「大丈夫ですよ、側についてますよ」という思いをこめて患者さまの手を握っていました。


手術が終了して覚醒されたとき、手をしっかり握って「手術終わりましたよ」と声をかけたら、私の手を握り返して「ああこの手だ、この手で握ってくださったんだ、よかった」と言ってくださいました。


忘れられない瞬間、言葉でした。

看護師でよかったと思いました。


術後訪問で患者さまから、「手を握っていてもらって安心しました、心強かったです」と言っていただけると、患者さまに寄り添える看護を目指してきたことがよかったと思います。

 


看護師Y

2011年11月28日

気づき合えるチーム作り

 

読書の秋にちなんで、子供のころに読んだ「星の王子さま」を読み返しました。

「心で見なくちゃ、よく見えないってことさ。かんじんなことは目には見えないんだよ」という一節がありました。


日々の業務に流され、患者さん一人ひとりをしっかりと見る意識が薄れていることを気づくことができました。

そんな中、病棟のカンファレンスに久々に参加しました。


現場では、先輩ナースたちが「眼を向ける意識」を持ち、後輩が体験した一つひとつが意味あるものと「気づき」「語りあう」ことが大切であると話しあっていました。


ピュアな気持ちになれた、すてきな時間でした。


副看護部長K

2011年11月21日

新人さん いらっしゃい

平成21年度から6階東病棟は、新人ナースを担当者だけでなく病棟全体で育てようと、ホワイトボードを使って成長を見守っています。


これを見ると、誰でも経験した処置・技術が一目で分かり、未経験項目があると声かけをして経験するようにしています。

「病棟の皆が分かってくれていると言う安心感ある」と新人ナースは言っています。

病棟のスタッフ全員が新人ナースを意識して支援しています。


看護師長Y

2011年11月14日

リレーマラソン (1)

リレーマラソンをご存知でしょうか。


フルマラソンやハーフマラソンの距離を数人でタスキをつないで走ります。


各自走る距離を調整できるのでマラソン初心者に人気があります。

 

先日、りんくうタウンで催されたリレーマラソンに近中チームで参加してきました。

普段はあまり顔を合わさない部署の人たちの間でタスキがつながるのを見て、いつもチームで仕事をしているんだなと、しみじみと感じていたのですが…


ゴール後、各メンバーは、和歌山電鉄のたま駅長(ネコ科、オス?、12才)に会いに行く人あり、近くの友人に会いに行く人ありと、早々に解散。


残された私たちは、走って消費したカロリーを美味しいものを食べて補充してました(^^;

看護師H

2011年11月07日

白衣が新しくなりました☆

ともに頑張ってきた白衣に別れを告げて、新たな白衣でリフレッシュです。


2種類から選べ、隠れた便利機能なども付いているようです。

 


胸ポケットの中にもう1個ポケット

何かを引っかけるのかな?

これからもこの白衣とともに頑張ります☆


看護師O

2011年10月31日
前の10件  1  2  3