HOME > 採用情報 > 医科/歯科臨床研修プログラム

採用情報

医科/歯科臨床研修プログラム

話がしやすい垣根のない医局で、各人の希望に応じたプライマリーケアを中心とした研修を

ごあいさつ

最先端医療と地域医療の両立。高度医療を維持する原動力をつくる。

皆さんは6年間の医学部での勉強をもうすぐ終わろうとしているところですね。これから医師国家試験を受けて、いよいよ医師としての第一歩を踏み出そうとしています。これからどのような医師になるかを迷っておられるかもしれません。卒後の初期臨床研修は非常に大切な時間だと思います。この時期にかかわることになる大勢の患者さんや指導医、研修病院のスタッフなどは今後の皆さんの宝物の一つになるでしょう。

私たちは医学部卒業後の最初の実地臨床研修を当院で受けていただき、若い先生がその後の臨床や研究に進まれる為のお手伝いができればよいと考えています。当院では平成16年に新臨床研修制度が始まるずっと以前から若い医師が研修を受けて切磋琢磨したのちに巣立って行きました。
当院では若い先生が研修をして育ってゆくのを暖かく見守ってきた経験があります。大学病院や巨大研修病院では難しいアットホームな雰囲気での研修が可能で、各診療科の間には垣根がなく身近に相談できる優しい先輩医師がそろっています。各科での診療カンファレンスや抄読会あるいは院内勉強会が定期的に開かれており、やる気のある先生には充実した研修が受けられるように配慮しています。

研修のプログラムでは7つの内科系診療科をはじめ、外科、麻酔科、産婦人科、小児科と2年間を通して当番制の日中時間内救急と当直勤務で1次~2次救急を研修していただきます。また、協力病院での精神科研修や地域医療研修を地域の伊丹市医師会と協力して行っています。自由選択の期間は各研修医と相談して最良の研修を調整しています。
当院独自の研修プログラムとしては6名の定員ですが大阪大学から2名のたすき掛け研修や、不定期ですが神戸大学からも研修を受け入れています。たすき掛けで来た研修医が2年目も残りたいと希望するような充実したプログラムと病院の雰囲気が誇りです。ぜひ私たちと一緒に臨床研修を始めてみませんか。

副院長(臨床研修委員会委員長)
上道 知之

当院の研修の特徴
  • 長い経験を持つ優秀な指導医が多い。
  • 診療科間の垣根が低く相談しやすく、病院のビジョンとして笑顔の絶えない職場を目指しています。
  • 希望に応じて救急研修追加もできますが、指導医が近くにいて研修医は2人一組で患者診察を行います。
  • 後期研修の希望があれば多くの科でほとんど受け入れ可能です。
  • 当院は地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院です。がん治療に対する専門性や地域連携が学べます。

臨床研修プログラム

医科臨床研修プログラム  歯科/口腔外科臨床研修プログラム

医科臨床研修プログラム

医科臨床研修プログラムの基本理念
  • 医師としての人格を涵養し、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリー・ケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身に付ける。
  • 医療チームの一員として、いかに患者一人ひとりのニーズに応え安全で質の高い医療を効率よく提供するか、その術を学ぶ。
医科臨床研修プログラムの特色
1.豊富な実績と恵まれた設備
23の診療科に遺伝子診療センター、生活習慣病センター、健康管理センター、内視鏡センターを擁し、主に阪神間の公的基幹病院として機能しています。平成4年度に厚生労働省より臨床研修病院の指定を受け、多くの研修医が巣立っていきました。
施設面では、広いスペースと豊富な蔵書と司書が配置された図書室が整備されています。

⇒詳しくは「診療科紹介」ページをご覧ください。
2.豊富な生涯研修プログラム
1外部講師を招いた近畿中央病院セミナーを開催しています。医の倫理、接遇、医療関連規則、安全な医療、院内感染対策などをテーマにしたセミナーに参加することができます。
また、救急対応技能習得のためのICLS(二次救命処置)講習会や中心静脈カテーテル穿刺トレーニング、人工呼吸器セミナー、放射線画像診断セミナーを設けています。さらに、CPC(病理カンファレンス)や拡大CPC、キャンサーボードは全ての研修医が参加でき、より充実した研修プログラムになっています。

⇒詳しくは「医療安全推進室」ページをご覧ください。
3.優れた指導体制
当院には多くの優れた指導医が在籍し、密度の濃い研修プログラムを提供しています。さらに、臨床研修指導医養成講習修了者である指導医がマンツーマン方式で各研修医の担任指導医となり、研修全般に関わる相談にも応じています。
研修科目とローテート方式
研修科目の内訳
1年目 内科6カ月、救急部門3カ月、選択必修科目3カ月をローテートします。
なお、選択必修科目にかかる到達目標の達成に必要な期間は3ヶ月です。
*当院では、プライマリー・ケアの基本的な診療能力を身に付けることを重視し、原則、外科・産婦人科・小児科のローテートとします。
2年目 地域医療の研修期間は1ヶ月。精神科の研修期間は0.5カ月です。残りの10.5カ月は、将来専門としたい診療科を中心にローテートします。
ローテートのイメージ
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 オリエン
テーション
内科(6ヵ月) 救急部門(3ヵ月) 外科
(2ヵ月)
周産期
【小児科・
産婦人科】
2年目 地域医療
(1ヶ月)
精神科
(0.5ヶ月)
将来専門としたい診療科など(10.5ヶ月)
【内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・形成外科
泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・放射線科・病理】

※実際のローテートの順番はこの限りではありません。

未来の医療を担うみなさんへ(指導医と研修医の声)
内科系
指導医

呼吸器内科医長

当院の呼吸器内科は肺癌などの呼吸器専門疾患以外にも、市中肺炎といった一般疾患も扱っており一般呼吸器内科全般の研修を行なうことができます。また、検査や処置などの手技もできるだけ研修医の方が修得できるように指導を心掛けています。スタッフにも気軽に相談でき他科との垣根も低い環境ですので、のびのび楽しく研修ができると思います。興味がある方は是非一度見学にいらしてください。
研修医

Y . F

呼吸器内科は、肺炎などのcomon diseaseだけでなく、肺癌や間質性肺炎などの症例も多く、ブロンコやドレーン挿入などの手技もありとても勉強になります。呼吸器内科の先生方も非常にフランクで話しやすく、何でも相談しやすい環境でのびのび研修させていただいています。
また研修医同士はもちろん、レジデントの先生方をはじめ、他の科の先生方もとても優しく仲良くして下さり、どんなことでも気軽に相談できます。
毎日とても気持ち良く仕事でき、2年間の研修生活を送るにはベストな環境だと思います。そんな環境で一緒に働きませんか。
外科系
指導医

外科部長

当院は消化器癌をはじめとして各科の悪性腫瘍に対する手術を数多く行っています。また,胆石等の良性疾患手術や一次から二次救急医療にも積極的に取り組んでおり,総合的な実力を持った研修医の育成を目指しています。実践に即した診療指導を行うとともに,挿管,縫合結紮,穿刺などの実技を習得できるように,早朝講義や,縫合結紮訓練等の指導プログラムを組んでいます。興味があれば専門的な手技や治療について踏み込んで研修することも可能です。将来の専門分野によらず幅広い力をつけたい先生,共に働きましょう。
研修医

T . I

当院の外科はイレウス、虫垂炎、胆のう炎などの急性疾患から悪性腫瘍の手術を行っており、幅広い症例を経験できます。また、若手の先生がたくさんいるので、とても相談しやすい雰囲気です。私は内科志望ですが、内科医になったとしても、外科の先生との関わりは必ずあるので、手術するまでの流れ、術後管理を学べたことは非常に勉強になりました。
もちろん様々な手技を経験することもでき、内科、外科志望に関わらずとても勉強になると思います。
こんな研修生活です(研修医の声)

E . T
9ヶ月間、近畿中央病院で研修させて頂いております。 指導医の先生方やコメディカルの方々に親切に教えていただき、充実した研修医生活を過ごせています。 また仲間にも恵まれて、研修医同士切磋琢磨しながら勉強を続けています。

T . S
9ヶ月間研修を受け、医者として最低限必要な「救急外来」の知識を持つことができたと思います。
バランスも良く研修できてとても良かったです。

A . K
当院での研修生活が始まり9ヶ月が経ちました。
この間、私は内科、外科、産婦人科、小児科をローテートし、それぞれの科で色々な症例を学ぶことができました。全ての科で指導医の先生の下にて研修を行いますが、どの科の先生方も熱心に指導していただき様々な手技が経験できます。また、他科との垣根も低くコンサルトしやすいのは研修する上でとても良い環境だと思います。comon diseaseをじっくり学ぶには最適な病院だと思います。

T . M
近畿中央病院で研修医として働きだし、間もなく2年間の研修も終わりにさしかかっています。2年間の研修で様々な科をローテートすることにより、今後自分の専攻する科も決まり、また、診療科間の連携も強く、幅広い知識を勉強することができました。
地域医療に重きをおいている当院での研修は、病診連携についても学ぶことができました。


研修後の進路
1.当院でのレジデント研修
  • 当院は学会専門医・認定医養成のための各種学会認定施設に指定されています。
  • 当院はレジデント制を敷き、卒後3年~5年の医師が専門領域の研修を行い、各種学会専門医の資格取得に向けて責任をもって指導しています。
  • 卒後3年目以降も当院に残り、専門医取得への専門研修を希望される場合は、研修管理委員会の推薦を受け、レジデントとして再任用の道が開かれています。
2.当院関連の大学病院での専門研修、大学院へ進学
主な大学病院・大学講座
  • 大阪大学医学部附属病院 全診療科(病理部を含む)
  • 大阪大学 上記診療科の各講座
  • 兵庫医科大学 総合内科学講座、産婦人科学講座、麻酔科学講座
3.全国の市中病院、県立病院など
主な出身大学

兵庫医科大学・大阪大学・徳島大学・大阪市立大学・愛媛大学・神戸大学・山口大学・広島大学・三重大学・香川大学・富山大学・京都府立医科大学・島根大学・高知大学・信州大学・宮崎大学・琉球大学・近畿大学・関西医科大学・大阪医科大学・獨協医科大学・東海大学・金沢医科大学・札幌医科大学・埼玉医科大学

募集要項(医科)
出願手続 応募資格:
平成30年3月に医学部卒業見込みの者、または既に卒業し、平成30年2月医師国家試験を受験する者
出願書類 ①履歴書(市販のJIS規格に写真貼付の上選考希望日を記入してください)
②卒業(見込み)証明書または、卒業証書(コピー)
③学業成績書
選考方法 面接試験
採用者に健康診断実施
選 考 日 平成29年8月11日(金・祝)午前
平成29年8月18日(金)午後
平成29年8月28日(月)午後
*上記のうち1日、希望の選考日を履歴書に記載してください。
採用人数 医科6名

エントリーフォーム

待遇
身分 非常勤職員
勤務時間 就業時間(8時30分~17時15分)週38時間45分を原則としますが、救急患者や重症患者診療時には時間外にも研修することがあります。
宿直当直 月平均3~4回 (当直料支給有)
有給休暇 年10日(初年度、1年間繰越制度有)
宿舎
家賃12,000円~(1DK:バストイレ別、病院徒歩7分)
家賃18,000円~(2LDK:バストイレ別、病院徒歩5分)
家賃29,000円~(3LDK単身不可:バストイレ別、病院徒歩5分)
食事 食堂(有料)あり、院内にコンビニあり
図書室
仮眠室・専用机 有(個室はなし)
給与 卒後1年次 260,000円
卒後2年次 300,000円
その他手当 超過勤務手当、宿日直手当、年末年始勤務手当、救急勤務医手当(2年次のみ)
賞与 1年次約500,000円、2年次約900,000円
学会出張 可(旅費及び参加費として年135,000円を上限として支給)
社会保険 有(健康保険、厚生年金、労働保険)
医師賠償責任保険
健康管理 有(定期職員健診)
出願書類送付先 〒664-8533 兵庫県伊丹市車塚3丁目1番地
公立学校共済組合近畿中央病院
事務部 庶務課 臨床研修管理委員会事務局
TEL:072-781-3712 (内線613)

歯科/口腔外科臨床研修プログラム

口腔外科の基本を学ぶプログラム
ごあいさつ

薬師寺口腔外科部長
私どもの歯科臨床研修プログラムは口腔外科の基本を学んでいただき、幅の広い疾患への対応、緊急時の初期対応ができるような、総合的な診療能力を身につけた歯科医師を養成します。
意欲のある臨床研修医を望んでいます。

歯科/口腔外科臨床研修プログラムの基本理念

歯科医師臨床研修は、歯科医師が歯科医師としての人格を涵養し、歯学および歯科医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、患者さまが納得して医療を受けられるよう十分なコミュニケーションを図り、口腔の疾病治癒・機能回復のみを目指すのではなく、口腔に関連した全身管理を含めた健康回復・増進を図ることができるよう、総合的な歯科診療能力を身につけることを目標とするものである。

歯科/口腔外科臨床研修プログラムの特色

個々の歯科医師が患者さまの立場に立った歯科医療を実現できるようになるために、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身に付ける。

1.豊富な実績と恵まれた設備
23の診療科に遺伝子診療センター、生活習慣病センター、健康管理センター、内視鏡センターを擁し、主に阪神間の公的基幹病院として機能しています。平成4年度に厚生労働省より臨床研修病院の指定を受け、多くの研修医が巣立っていきました。
施設面では、広いスペースと豊富な蔵書と司書が配置された図書室が整備されています。

⇒詳しくは「診療科紹介」ページをご覧ください。
2.豊富な生涯研修プログラム
外部講師を招いた近畿中央病院セミナーを開催しています。医の倫理、接遇、医療関連規則、安全な医療、院内感染対策などをテーマにしたセミナーに参加することができます。
また、救急対応技能習得のためのACLS(二次救命処置)講習会や中心静脈カテーテル穿刺トレーニング、人工呼吸器セミナー、放射線画像診断セミナーを設けています。さらに、CPC(病理カンファレンス)や拡大CPCは全ての研修医が参加でき、より充実した研修プログラムになっています。

⇒詳しくは「医療安全推進室」ページをご覧ください。
3.優れた指導体制
臨床研修指導医養成講習修了者である指導医がマンツーマン方式で研修医の担任指導医となり、密度の濃い研修プログラムを提供しています。
歯科/口腔外科臨床研修プログラム

研修期間は、基本習熟コース6ヶ月・基本習得コース6ヶ月の1年間とし、全て当院にて実施します。
研修目標は以下のとおりです。

  • 医療面接
  • 総合診療計画
  • 予防・治療基本技術
  • 応急処置
  • 高頻度治療
  • 救急処置
  • 医療安全・感染予防
  • 全身管理
  • 症例呈示
  • 歯科口腔外科高頻度治療
  • 地域医療

当院の歯科医師臨床研修プログラムは、患者が納得して医療を受けられるよう十分なコミュニケーションを図り、口腔の疾病治癒・機能回復のみを目指すのではなく、口腔に関連した全身管理を含めた健康回復・増進を図ることができるよう、総合的な歯科診療能力を身につけることを目標としています。

未来の医療を担うみなさんへ(指導医の声)

口腔外科医長 石井 庄一郎
いろいろな症例を通じて、診断から治療まで学んで行くことができます。やる気のある臨床研修医には、うってつけの施設です。頑張って、一緒に学んで行きましょう。

こんな研修生活です(研修医の声)

研修医 Y . N
様々な症例を通じて、医療人とは、病院歯科口腔外科とはどういうものなのかということを、身を持って経験・研修できる病院です。
将来の進路を口腔外科でやって行きたいと考えている研修医にはすばらしい病院です。

研修後の進路
1.当院県関連の大学病院での専門研修、大学院へ進学
主な大学病院・大学講座
  • 大阪大学
  • 大阪歯科大学
2.全国の市中病院、県立病院など
主な出身大学

大阪大学・大阪歯科大学・徳島大学・東京医科歯科大学・長崎大学・朝日大学

募集要項(歯科)
出願手続 応募資格:
平成30年3月に歯学部卒業見込みの者、または既に卒業し、平成30年2月歯科医師国家試験を受験する者
出願書類 ①履歴書(市販のJIS規格、写真貼付)
②卒業(見込み)証明書または、卒業証書(コピー)
③学業成績書
選考方法 面接試験
選考日:
平成29年8月18日(金)午後
平成29年8月28日(月)午後
*上記のうち1日、希望の選考日を履歴書に記載してください。
採用人数 1名

エントリーフォーム

待遇
身分 非常勤職員
勤務時間 就業時間(8:30~17:15)週38時間45分を原則としますが、救急患者や重症患者診療時には時間外にも研修することがあります。
有給休暇 年10日(初年度)
宿舎
家賃12,000円~(1DK:バストイレ別、病院徒歩7分)
家賃18,000円~(2LDK:バストイレ別、病院徒歩5分)
家賃29,000円~(3LDK単身不可:バストイレ別、病院徒歩5分)
食事 食堂(有料)あり、院内にコンビニあり
図書室
仮眠室・専用机 有(個室はなし)
給与 260,000円
その他手当 超過勤務手当、年末年始勤務手当
賞与 約500,000円
学会出張 可(旅費及び参加費として年135,000円を上限として支給)
社会保険 有(健康保険、厚生年金、労働保険)
医師賠償責任保険
健康管理 有(定期職員健診)
出願書類送付先 〒664-8533 兵庫県伊丹市車塚3丁目1番地
公立学校共済組合近畿中央病院
事務部 庶務課 臨床研修管理委員会事務局
TEL:072-781-3712 (内線613)

関連コンテンツ

  • 看護部webサイト|看護師募集
  • 臨床研修プログラム|研修医募集
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは